blog

blog

返済比率を知ろう!

返済比率を知ろう!






住宅ローンの返済比率の目安とは?返済比率を抑える方法と注意点をわかりやすく解説

住宅ローンの返済比率の目安とは?返済比率を抑える方法と注意点をわかりやすく解説

マイホーム購入時、多くの人が利用する「住宅ローン」。住宅ローンを組む際には、しっかりとシミュレーションを行い、無理のない返済計画を立てることが大切です。今回は、住宅ローンの返済比率の目安や、返済比率を抑えるための方法、注意点をわかりやすくご紹介します。

目次

  1. 住宅ローンの返済比率とは?
  2. 理想的な返済比率の目安
  3. 返済比率を考える際の注意点
  4. 返済比率を抑える方法
  5. まとめ

1. 住宅ローンの返済比率とは?

住宅ローンの返済比率は、「年収に対する年間返済額の割合」を示します。この比率が低いほど、無理なく返済ができる目安になります。一般的には、20%〜35%を目安にすると良いとされています。

返済比率の概要

返済比率とは、年収に対する年間返済額の割合です。この比率が低いほど、毎月の返済に余裕が生まれます。

返済比率の計算方法

返済比率の計算式は以下の通りです:

年間のローン返済額 ÷ 年収 × 100 = 返済負担率(%)

例えば、年収600万円で毎月の返済額が10万円(年間返済額120万円)の場合、返済負担率は「120万円 ÷ 600万円 × 100 = 20%」となります。

2. 理想的な返済比率の目安

手取り収入の20%~25%が理想

理想的な返済比率は、手取り収入の20〜25%以下です。返済比率が30%を超えると、家計に負担がかかりやすくなるため、20〜25%以下に抑えることが理想です。

手取り収入で計算する理由

返済比率を計算する際は、手取り収入で計算することが大切です。額面収入(税引き前)で計算すると返済比率が低く見えがちですが、手取り収入で計算することで、実際の返済能力を正確に把握できます。

3. 返済比率を考える際の注意点

住宅ローン以外の維持費を考慮

家を購入すると、住宅ローン以外にも固定資産税や火災保険料、マンションの場合は管理費や修繕積立金がかかります。これらの費用も考慮して計画を立てましょう。

収入が減少する可能性も考慮

将来的な収入の減少も考慮しましょう。例えば、育児や介護などで片方の収入が減る可能性もあります。将来の変化を見据えた計画が大切です。

返済比率以外の指標も検討

「返済比率」だけでなく、「完済年齢」も重要です。完済年齢は返済が終わる時の年齢で、定年後も返済が続くと生活に負担がかかります。完済年齢を考慮して計画を立てましょう。

4. 返済比率を抑える方法

頭金を払い借入金額を減少

頭金を多く払うことで借入金額を減らし、返済比率を抑えられます。ただし、全ての自己資金を頭金に使うと、他の出費に対応できなくなるので注意が必要です。

返済期間を延ばして年間返済額を減らす

返済期間を延ばすことで年間返済額を減らし、返済比率を下げられます。しかし、返済期間を延ばすと総返済額が増えるので、よく考えた上で選びましょう。

住宅ローン以外の借り入れを完済

他の借り入れを完済することで返済比率を下げられます。これにより、毎月の返済負担も軽減されます。

5. まとめ

マイホームを購入する際には、住宅ローンの返済比率をしっかりと考えることが重要です。理想的な返済比率の目安を参考にし、無理のない返済計画を立てることで、長期的に安定した家計を維持できます。現在の収入だけでなく、将来のライフプランも考慮しながら、計画的に進めていきましょう。


おうちの買い方相談室に早速相談してみませんか?

  • 相談無料
  • ローン相談
  • 土地探し

0246-56-5655

受付時間 9:00〜18:00 定休日 水・土曜日